健康と幸福を世に伝える治療家の育成

医療的な専門知識の基、枇杷葉温圧灸を臨床に活かし、患者の健康増進と共に、当療法の良さ、効果効能、可能性を広めることを目的とします。
現代医学が高度な発展をしている今こそ、現代医学の届かない症状・病気において古代から伝承された伝統療法を評価する必要があり、その点において枇杷葉温圧灸療法は豊富な臨床経験を持ち、これまで病気と闘う人々の役に立ってきました。

また一方で、元々寺院で行われてきた当療法は棒灸を用いる列記とした灸療法でありながら、実際に使われる方々は中国伝統医学における経絡経穴理論を学んではいません。
人体の仕組み・病気の原理を知識として身に付け、また経絡やツボについて学んだ医療者がこの療法を得て、より効果的で臨床のニーズにあった治療を実践していっていただきたいと当協会は考えます。

私達は技の伝授と道の伝授により、「心と身体に明かりを点す療法」として力を発揮できる鍼灸師の養成、国民の健康増進に貢献できる治療家の養成を社会的意義として取り組む所存です。
鍼灸師治療家におきましても健康と幸せを運ぶ使徒として活躍されますことを期待いたします。

Column

  1. 7月15日(土)の六郷神社盆踊り大会にて体験ブースを出させて…
  2. 逆子治療と枇杷葉温圧灸
    逆子になる原因のほとんどが不明です。 胎児は動きま…
  3. ぎっくり腰・生理痛と枇杷葉温圧灸
    枇杷葉温圧灸がもたらす作用には様々ありますが、今回は二次的、…

Event Information

  1. 2017-7-17

    体験会@六郷神社盆踊り

    7月15日(土)の六郷神社盆踊り大会にて体験ブースを出させていただきました。 当初はお祭りに出…
  2. 安詳寺で枇杷葉温圧灸体験会

    2016-10-21

    お寺で枇杷葉温圧療法 体験会

    日時:10月22日(木)11時~15時 ※時間中はいつでもお越しください。お一人30分程度の施術で…