当協会が推奨する枇杷葉温圧灸とは真岡の時宗 長蓮寺に代々伝承された治療法を基としております。

昭和30年代に僧侶 濱田峯瑞(はまだずいほう)が門外不出とされていた当療法を広め

  1. 枇杷葉の効果
  2. 温灸の効果
  3. 指圧の効果

を組み合わせた、三位一体の療法として枇杷葉温圧と名称いたしました。

この他にも枇杷葉療法は、民間療法として日本古来より連綿として伝えられ、現在も様々な形で民間の中に残っています。→詳しくは枇杷葉療法の歴史をご覧ください。

しかし、一方で自然発生的な民間療法にはその技も作法も知識として確立していない上に、灸と名の付く療法でありながら、実際に使われる一般の方々は中国伝統医学における経絡経穴理論を学んではいません。

人体の仕組み・病気の原理を知識として身に付け、また経絡やツボについて学んだ医療者が何よりもこの療法を得て、より効果的な枇杷葉温圧灸を実践するべきだと当協会は考えます。

つまり、当枇杷葉温圧灸療法を広め・実践する最も重要な人物は鍼灸師に他なりません。

さらに、枇杷葉温圧灸は「技術」であると同時に「道」でもあります。

心なくして技術のみ独り歩きするのは本意ではありません。

私達は技の伝授と道の伝授により、優れた人材を育成することを社会的意義として取り組む所存です。

鍼灸師治療家におきましても健康と幸せを運ぶ使徒として活躍されますことを期待いたします。

Column

  1. 7月15日(土)の六郷神社盆踊り大会にて体験ブースを出させて…
  2. 逆子治療と枇杷葉温圧灸
    逆子になる原因のほとんどが不明です。 胎児は動きま…
  3. ぎっくり腰・生理痛と枇杷葉温圧灸
    枇杷葉温圧灸がもたらす作用には様々ありますが、今回は二次的、…

Event Information

  1. 2017-7-17

    体験会@六郷神社盆踊り

    7月15日(土)の六郷神社盆踊り大会にて体験ブースを出させていただきました。 当初はお祭りに出…
  2. 安詳寺で枇杷葉温圧灸体験会

    2016-10-21

    お寺で枇杷葉温圧療法 体験会

    日時:10月22日(木)11時~15時 ※時間中はいつでもお越しください。お一人30分程度の施術で…