鍼灸といえば「肩こり、腰痛、関節痛」といった症状が思われがちですが、鍼灸治療の最大の強みは本来、予防医学であり、また運動器のみならず、悪性腫瘍や冷えなどの内部疾患へのアプローチです。

当協会が推奨する「枇杷葉温圧灸」は深部の冷えを取り除き、血液の循環を改善し、免疫力の向上を図ります。結果、鍼灸医学の本来の目的である自己治癒力の向上、内部疾患の改善に多大な貢献が可能となります。

また一方で、枇杷葉温圧灸を通して免疫力や体力が向上し、西洋医学で使用する薬の効果が高まり、また副作用が抑えられたという症例もございます。

枇杷葉温圧灸協会は現代医学と共に、お互いの良さを認め合い補完し合うことで、患者の健康維持・改善に貢献する医療の提供を目指します。

 

会長 青木 満

会長 青木 満

総合漢方 漢満堂 代表

鍼灸師 薬剤師

Column

  1. 7月15日(土)の六郷神社盆踊り大会にて体験ブースを出させて…
  2. 逆子治療と枇杷葉温圧灸
    逆子になる原因のほとんどが不明です。 胎児は動きま…
  3. ぎっくり腰・生理痛と枇杷葉温圧灸
    枇杷葉温圧灸がもたらす作用には様々ありますが、今回は二次的、…

Event Information

  1. 2017-7-17

    体験会@六郷神社盆踊り

    7月15日(土)の六郷神社盆踊り大会にて体験ブースを出させていただきました。 当初はお祭りに出…
  2. 安詳寺で枇杷葉温圧灸体験会

    2016-10-21

    お寺で枇杷葉温圧療法 体験会

    日時:10月22日(木)11時~15時 ※時間中はいつでもお越しください。お一人30分程度の施術で…